整形後に整形バレしないために注意したいこと

 

整形手術をした後のは、出来るだけ整形バレしたくないと考える女性は多いでしょう。しかし全くの新天地で生活を送るならいざ知らず、手術前と同じように通学や通勤を行いたい場合はかなり注意しないといけません。特に目元の手術をした場合は術前との違いが大きくて分かりやすいため要注意です。
学生の場合は思い切ってメイクを濃くして通学すると、メイクのせいでいつもと顔が違ってみるのかも?と周囲に思わせることが出来るのでお勧めです。つけまつげや濃いアイメイクをして誤魔化すと良いでしょう。
社会人の場合は職業によってはメイクで誤魔化せない場合があるため、目が悪くなくても伊達めがねをかけるなどして整形バレを防ぐ手段を講じるのがオススメです。思い切って髪型を変えたりしても印象が違ってみる理由として考えられて顔の変化が上手く誤魔化せるため効果的でしょう。
鼻筋や口元などあまりにも大胆に手術した場合は周囲の人間も気が付くことは多いでしょうが、整形バレを恐れるならば少しずつ施術を受けると良いでしょう。
手術後に新しく出来た友人や恋人には、昔の卒業アルバムや写真などをあまり見られないようにすると安心です。特に成人以降は顔の変化がほとんど無いため引き出しの奥に隠すなど充分に用心しておくと良いでしょう。